スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ紹介の1『ヴィフネー、又は僕らの蜥蜴のおっさん侍風味、編』 

ほとんど更新していないブログで済みません(挨拶代わりに謝罪)

実をいうとあまり書くことが無い、というか毎日淡々と何かを書くのが苦手だったりします、TRPGとかは別ですが

しかし更新しないのも勿体無いので更新とあいなりましたw

と言うわけで数少ない語り事『TRPG遊戯会』さんで使用しているキャラクター達について
何回かに分けて(キャラの数+α)語ろうかと思います

おそらく長くなるので興味の無い方は読み飛ばしてくださいまし

追記:テンプレートを変更しました、同じ紅葉ですが今度は白を基調にした物に変更、落ち着いた雰囲気が中々良いです

遊戯会における最初のPLキャラクター、最近はめっきり稼動が減ってますがw

『酔狂』ヴィフネー
輝くトカゲのおっさん(画:リール様)


『蜥蜴のおっさん、スペック編』
器用:10 敏捷:18 知力:15 筋力:18 生命:18 精神:15

スペック的には割りと標準的なグリィラル(グラードの独自種族で俗に言うリザードマン見たいな種族)である、と言うかほぼ能力は平均値

あやふやな記憶をたどるとこの能力値を選んだ(遊戯会では3回振って好きな能力値を選べる)理由は『知力が一番高かった』だった筈、
当時はSWシステムに慣れてなかったのでイメージ優先で選びました…今思えば筋力20とか居たな…思い出して一抹の後悔orz

『蜥蜴のおっさん、技能編』
取得技能(現在) ファイター:4 セージ:1 レンジャー:1
最終的には ファイター:6 セージ&レンジャー2or3(片方を3に上げるともう片方は上げられない)

見ての通りファイター1本伸ばし、初キャラという事も有り複雑な取り方はしなかった訳ですが…
ファイター1本で育てるのに途中で飽き始めた(攻撃が当たり難いのもそれを助長)という(爆
因みにレンジャーは当初は取る予定では無かったのですが(ファイター6セージ3の予定だった)
取らないと戦闘無しだと賑やかし、もしくは気持ちセージチェック参加程度しかやる事が無いのに気が付いた為急遽取得、しかしユメGM様の『鍛冶屋ハンム』セッションにて取ったばかりのレンジャーで温泉を掘り当てる(すさまじく酷い目で)等、あんまり活用は出来ていない
(どうも戦闘以外では出目に恵まれない星の元に生まれたようだw)
じっくり育てて行く予定ですがその前に女性キャラと見た目893と追加のCキャラに
出番を取られそうなのは気にしないでおく事にするw

『蜥蜴のおっさん、設定編』
正式名称(人間相手の発音での、であるが)ヴィフネー=トゥエスルォー、
由来はそのまんま『三船敏郎』から、悩むことも無く適当に音を崩して決定

種族の性質から侍をイメージ(割とポピュラーなイメージっぽいが)して
侍蜥蜴として作られる…しかしここでおっさんの不遇は始まっていた…
APPが『ローファ(中国風)』と『フソウ(日本風)』を勘違いし、なぜかローファ帰りになる(爆
ここで口笛でも吹きながら書き換えれば良かったのだろうが当時は結構テンパってたのか(チャット慣れしてなかったのもあって緊張していたと思われる)『引っ込みがつかねぇぇぇぇぇぇぇ!』とばかり
に一部だけ書き換え『フソウを旅して開眼した渋い蜥蜴侍、貫禄がある(シリアス風味)』から
哀れ『ローファとフソウの区別が付いてない侍風味おっさん(ネタ風味)』へと転落する事となる(核爆
ゴメンヨヴィフネー、PLのせいでネタに転落させて…案外水に有っている気もするけれどw

性格に関しては割りと『普通の人』と言える蜥蜴のおっさん、適度にまともな判断が出来、適度にボケを交えられる、PLとしてはある意味楽な気もするけどどうも他の面々と比べるとアクが薄い気がする…実際性格面では薄い傾向有り、ひとえにPLの経験地不足が原因です…精進せねば

胡散臭い口調(じゃ納、とか)は某残酷無残死狂な漫画の影響ですw
よく聞かれるので書いておくと『納』は『のう』です、分かり難くて済みません

現在の目標は『ファイターを6まで上げる』と『プレートアーマー購入』な蜥蜴のおっさん
前者はともかく後者は何時になるやら…(種族特性で値段2倍)…頑張ろう、うん


と、蜥蜴のおっさんについて取りとめも無く書き綴って見ましたが如何だったでしょうか?
わずかでも楽しんでいただけたならばヴィフネーの背後としても重畳です(ぺこり)

こんな拙い文章ですが、次回に続きます、期待しないでお待ちください、感想、応援、突っ込み、
文句、説教、一喝等などありましたらどうぞ言ってやって下さい、
今後の励みもしくはばねにいたしますのでw

では次回『フォルトゥナ、又は無口系魔法士兼知識神の神官、編』に続く、筈(確定で無いのか)

スポンサーサイト

Comments

ヴィフネーの名前は三船敏郎が元ネタだったのですか。
何気にご一緒する機会が多い気がします^^

フォルトゥナ編楽しみにしてますね~♪

模様替えお疲れ様です。
前のも素敵でしたが、こちらはよりみやすくスッキリした感じに♪

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://appjoker.blog77.fc2.com/tb.php/4-e00d8836

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。